DMMポイントの前にポイントを使えるDMMというものはどういうものなのでしょうか。


DMMとはオンラインゲーム・ライブチャット・アダルト動画配信と多種に渡ります。


アダルト女優から素人の人妻の非常にエロい動画まであります。


おすすめはロリ系の動画で、こんな少女がこんな動画に出ているなんてと思うくらいありえないような美少女が出演しています。


さらには、SMやニューハーフまで幅広いジャンルの動画配信を行っていて、大人の男性であれば一度は見たことがあるのではないでしょうか。


特にアダルト関連の動画は日本一ではないでしょうか。


アダルト動画で言えば、美少女系のエロ動画あり、熟女系の艶かしい動画ありとあらゆるジャンルの動画を配信しています。


オンラインゲームでは、オタクが好みそうなアイドルを育てると言った今時のゲームが多数配信されています。


極めつけが、ライブチャットです。


完全な素人女性が、画面の先で、艶かしい姿を顕にして楽しませてくれます。


今時の女性は、欲求不満が溜まっているのでしょうか、アダルト女優顔負けのポーズを取って観る側を興奮させます。


無料で、ある程度は見れますので、どのことチャットしたいかを無料で見極めて、話したい女女性とゆっくりとライブチャットできます。


料金がお得な月額制の動画見放題配信というのもあります。


毎月一定額を払えば、見放題となり、お得感は満載です。


ほかにも、電子書籍や同人作品も見れて大人のサイトといった感じです。



DMMというのはいつから始まってどのように遷移していったのかをお話します。


始まりは、1990年にアダルトコンテンツの制作を始めたのが亀山氏により加賀市で最初に始められました。


その後1998年にはインディーズAVの配信サイトとしてDMM.comを立ち上げています。


1999年には加賀市に株式会社デジタルメディアマート設立しています。


2002年に始めて東京に本社を移して、本格的なサイト運営を開始しています。


この時から、動画配信とアダルトビデオに力を入れ始めています。


2004年にはDMM.comに名称を変更して本格的なオンラインデジタルビデオを展開するようになりました。


アダルトに限らず、オンラインビデオ全般を取り扱うようになり、月学生の動画配信をするようになり、一般的に知れ渡るようになりました。


2006年にはテレビCMも出すようになり、社会的な認知度もまして来ていて、それと同時に会員数も増加してきて現在では1000万人以上の会員数を誇っています。


最近では、事業の多角化を勧めており、太陽光発電にも力を入れてきています。


オンラインサービスから対面サービスへとシフトしてきているのが、験者のDMM.comです。


さらには、証券取引にまで手を広げているのが、現在のDMMです。


認知度が上がっているので、サービスの安全性などは格段に上がってきていて、誰もが安心して利用できるようになっています。


特に大人の男性には、ありがたいサービスではないでしょうか。


DMMといえば、オンライン動画サービスと誰もがわかる名前にまで、知れ渡ってきています。



DMMポイントは、DMMで利用できる、プリペイド式の支払い方法となります。


ポイントの購入はクレジットカードと携帯支払い、銀行振込、WEBMoney、ビットキャッシュDMMプリペイドカード、Edy、Suica、コンビニ店頭支払い、楽天ID決済とあらゆる入金方法が利用できます。


クレジットカードの場合は、VISA、JCB、Master Cardなどが利用できます。


携帯支払いに関しては、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いと全キャリアに対応しています。


銀行振込の場合は、インターネットバンキング決済、ATM決済、通常の振込と全支払い方法でポイントを購入することができます。


DMMは、あらゆる支払い方法に対応していて、どこからでも入金してDMMポイントをチャージすることができます。


DMMポイントは、DMMのサービスを利用するときにお金で直接購入するのではなく、お金でポイントを購入して、購入したポイントを使ってDMMのサービスを利用することができます。


さらにお得な方法として、DMMポイントを無料でチャージすることができます。


DMMポイントを無料でチャージするには、ポイントサイトというのがありますので、そのポイントサイトに登録して、ポイントを稼ぐことができます。


DMMサービスを無料で利用できます。


ポイントサイトに会員登録するだけで、5000ポイントから10000ポイント程度をもらうことができます。


もらったポイントは、10分の1程度のDMMサービスのポイントと交換できます。


複数のポイントサイトに登録するだけで、数千円分のDMMポイントを獲得できます。




DMMポイントはクレジットやネットマネーなどで購入してチャージすることができますが、変わったところで、ペニーオークションで格安でDMMポイントを購入することもできます。


ペニーオークションというのは、1円からスタートできて、順に購入価格を入札していく方法です。


入札金額とは別に、入札時に必要な手数料が発生します。


1つの商品を複数人で取り合いますので、10000円のポイントを2人で争った場合、5000円で落札されたとしても、それまでに何回も入札していれば、実際は10000円以上のお金が出ていることはざらにあります。


うまく入札できた場合は、落札者が得をすることになりますが、落札できなかった場合は、入札した時の手数料分だけ損をしたことになります。


入札後に20秒ほどオークションは延長されますので、複数人で入札がされていると、もっと高い金額が動くことになります。


得をするのは、落札者と出品者になります。


入札したけど、落札できなかった場合は、お金だけ取られてなにも手元に残らない人がたたくさんでてきます。


ペニーオークション自体社会問題となった時期がありましたので、最近ではペニーオークション自体を行っているサイトは少なくなっています。


うまく使えば非常に便利ですが、競走相手が多ければ多いほど損をする確率が高くなりますので、DMMでも最近はペニーオークション自体がなくなっています。


普通にポイントを購入したほうがお得という判断になっているのではないでしょうか。



DMMではモビル会員に対して毎月特典として、ポイントがプレゼントされます。


DMMではフリーSIM携帯サービスを行っていて、DMM携帯の会員になるとお得なポイントサービスがあります。


DMMのサービスを頻繁に利用するような方には、お得なサービスです。


携帯を安く利用しながら、DMMサービスも無料で受けることができます。


その名もDMM mobaileと言われています。


携帯の料金の10%がDMMギフト券として毎月配布されます。


ただ、その使用期限が1ヶ月となりますので、3000円の利用料金を支払って始めて300円分のDMMポイントとなりますので、サービスを利用する前になくなります。


追加でポイントを購入しないと好きなサービスは殆ど受けられません。


毎月もらえるギフト券はいいようで、どうなんだろうと思います。


通常DMMポイント購入してチャージした場合は1年間有効ですが、ギフトポイントは1ヶ月で期限切れとなりますので、ポイントを購入して、購入したポイントと一緒にギフトポイントを使う必要があります。


最近ギフト券がポイントへ統合されましたが、ギフトでもらったポイントの有効期限は1ヶ月と変わりなく、もらっても嬉しいような嬉しくないような感じです。


DMM自体のサービスは、大人の男性からすると、興味をそそられるものばかりで非常にいいものばかりとなっています。


DMMサービスの特典ポイントをもらうためにDMMモバイルに加入する意味はないと思います。


サービスを楽しむには、ポイントを購入して楽しんだほうがイライラ感はないと思います。



DMMポイントはあらゆる決済を利用してポイントをチャージすることができます。


今使える決済は、殆ど全部対応しています。


一番決済金額が高いのが、クレジット決済となります。


クレジット決済であれば、1回の決済で500円から100000円までを決済できます。


決済されるとすぐに使えますので、夜中でもすぐに決済後利用可能です。


次におすすめは、ケータイ支払いです。


ケータイ支払いの場合は、1回の決済金額が、ドコモとソフトバンクの場合は、1回最高金額が10000円までとなっています。


Auのみ1回50000円と高めの設定になっています。


支払いがキャリアなので安心して決済ができます。


銀行振込の場合は、当然相手に振込が完了した時点で課金となりますので、若干時間がかかります。


1回の決済金額が一番高く、インターネットバンキングであれば、最高999000円まで決済ができます。


ここまでの決済が必要なのかは疑問ですが。


WebMoneyは、最高999000円までの決済が可能です。


ビットキャッシュは、最高200000までの決済が可能となっています。


一番簡単でお手軽なコンビニ支払いができますので、その場合はコンビニよっては使用できるようになるまでに、数時間かかることもあります。


殆どのコンビニで決済が可能で、セブンイレブンとセイコーマート以外は決済後10分以内で利用できるようになります。


コンビニに決済に行き、家に帰ったら利用できるようになっているということになります。


ほかにも面白いのがSuikaで決済ができるのです。



 カテゴリ
 タグ
DMM